Archive for 6月, 2011

6月24日の淋しい事と嬉しい事

淋しい事とは、2009年4月生まれのコキンメフクロウが新しい飼い主さんのところへ旅立ったことです。この子は雛の時にマリンへきたのですが、すごく怖がりさんで、なかなか飼い主さんが決まらず、今までに何度か決まりかけては駄目になって、2年と少しマリンに居ました。永くいる子はいざ飼い主さんが決まると淋しいものです。 新しい飼い主さんのもとで何時までも元気に過ごして欲しいと願っています。

嬉しい事とは、チンチラのアイコがおかぁさんになった事です。  アイコは生まれた時に、両まぶたを齧られて、まぶたが半分ぐらいしかありません。 完全にまぶたを閉じる事が出来ないので眼球が乾いてしまい、駄目になってしまうので、摘出したほうが良いのではと獣医に言われたチンチラです。   何とか目を残す方法はないのかと獣医と相談したところ、上手くいくかどうかは分からないが、眼球を乾かさないようにしてあげる方法しかないと言われ、生まれた日から2時間おきに点眼を開始しました。夜中は私が担当、昼間はスタッフのみんなが担当して点眼をし、徐々に間隔をあけて現在は6時間おきの点眼でよい状態を保っています。  こんなアイコが今朝出産しました。 可愛い女の子が1匹生まれました。なんと69グラム(普通50グラム前後)の超ビッグBabyでした。Babyが元気に育つようにアイコ母さんガンバレ。

この日記は社長の初めての日記です。

1年ぶりにスタッフが戻ってきました。

昨年4月、2年間マリンに勤めていたスタッフが「動物の事をもっと学びたい」といって、動物の専門学校に入学しました。1年間みっちり、勉強をして、又マリンに戻ってきました。(結構授業料が高くついたようです)その分、しっかりといろいろなことを学んだ事でしょう。期待していますよ。    いま、マリンには動物の専門学校卒業生が4人います。 基本をしっかり学んだ上で、マリンの社長に色々教え込まれて、プロとしてお客様にアドバイスできるよう頑張っています。 

嬉しい一言

小動物の店を2階で営業していた頃、フェレットを数匹お迎えしていただいたお客さん。お子さんが小学生の低学年。そしてパパとママ。その小学生だった子が今はもう成人。当時のフェレットはみんな天国に。数年、ペットの居ない生活だそうです。又何かペットを飼いたい。フクロモモンガがいいなぁ・・・。ということで遠くからマリンに来ていただき可愛いフクロモモンガをお迎えしていただきました。

私「遠くから又、マリンへ来ていただいてありがとう」

お客様「だってマリン好きやもん」本当に本当に嬉しいです。ありがとう。

心配をよそに元気に遊んでいるフェレットのいーちゃん

いーちゃんはまだ4ヶ月足らずのフェレットです。  飼い主さんが入院のため長期お預かりになりました。1匹で飼われていますのでお友達が居ません。  今日、マリン遊園地で遊びました。お気に入りのドーナツ型のオモチャ。それに色々たくさん遊べる遊園地のオモチャ。どれも気に入ってくれたようで元気に一人で飛び回って遊んでいます。ドーナツ型のおもちゃをトンネルの中に隠そうと必死でトンネルの中から引っ張るのですが、オモチャのほうが大きくてトンネルの中まで引き込めません。  遊びの後はゆっくりお昼寝しています。

 

Back to top