Archive for 2月, 2010

マリンの看板娘はなちゃん。

マリンの看板娘 
アカハナグマのはなちゃんがブリーディングルームへ引っ越しました。
当分の間、姿をお見せできません。
いつも入り口の隅で、皆様のご来店を待ち望んでいたはなちゃん。
顔見知りのお客さんには特に、手を伸ばして「早くここに来て」と言わんばかりに
自分のところまで招いていました。
実ははなちゃんのお婿さん候補のはなおくん(仮名)がやってきたのです。
ラブラブになれば5~6月ごろには可愛いあかちゃんが見られるかもしれません。

おおふくろうのたまご

マリンにいる、オオフクロウは女の子です。
でも、ひとりぼっちですので、今まで何回か卵を産んでいますが無精卵です。
羽を少し広げて、身体を卵に覆いかぶせている姿は何とも言えなくせつない気持ちにさせます。
今回も卵を産みました。
こんな卵です。ご覧ください。鶏の卵よりずっとま~るいです。重さ約42グラム

消化酵素

マリンのフェレットさんには、毎日消化酵素を与えて育てています。
消化酵素はすべての健康の基本だと思います。
フードの栄養分をしっかり吸収(健康な体をつくる)
膵臓の負担を軽減(インスリノーマのリスクを減)
抵抗力、免疫力、自然治癒力を強化(病のリスクを減)
乳酸菌(ビール酵母配合)も与えています。
乳酸菌はおなかの調子を整え、スムーズな排泄により毛球症、尿結石の予防。
ビール酵母は乳酸菌の働きを助けるだけでなく、ビタミン、ミネラルも含む。
今一度消化酵素を見直してみるといいと思いますよ。

マリンのスタッフたち

 今日はマリンのスタッフたちを紹介させていただきます。
今まで一度もマリンのスタッフの紹介をしたことはありませんでした。
お客様の中には、自分のお気に入りの動物達がどんな人にお世話されているのか
気になられる方も、おられると思います。
 マリンのスタッフたちはみんな「生き物大好き」な人が集まっています。
毎日朝9時からお昼1時過ぎまで、5人で動物たちのお世話です。
お世話をしながら、動物たちと接して、時折自分が癒されていたりもします。
チンチラなどは、巣箱を変えてもらったりしている間、手に乗ってきたりして掃除の邪魔をします。「ダメ!むこうへいってよ・・・」なんて声も聞こえてきます。
ふくろうは動く人の手をじっと見入っています。(にらんでいるのかもしれないですね)
フェレットは、ちょっと狭いですが別のケージに移します。
その間いつものケージをきれいにしてもらいます。
狭い別のケージに入れてもらっても、結構楽しんで飛び回っています。
狭くても、環境が変わればそれはそれで楽しいのでしょう。
みんなのケージを毎日きれいに洗いますので、スタッフも大変ですが、頑張ってくれています。社長も含めてみんなで10人います。今日は4人の紹介です。

アメリカンラビットが仲間入り

アメリカンラビットのうさぎの森からとってもとってもかわいいホーランドロップの
女の子がマリンに仲間入りしました。
垂れ耳なんだけど、まだ小さいので片方が垂れていて、もう一方の耳は立っています。
時折両方垂れたりもします。
環境が変わるので、しばらくはそっとしてあげようと思っていたのですが、
人の手にも慣れていて、ケージの中ではリラックスしています。
トイレも新品を入れてあげたのですが、きちんとトイレで。
でもほかの所でもうんちをしていました。
以前、といっても8年ほど前まではマリンもウサギをたくさん扱っていました。が
設置場所が少なくなってしまい、お客様からこんな子が欲しいと言われてから、
お客様の希望の良い子を探しに輸入元へ行っていました。
久々に店内に展示しています。
スタッフたちが毎日「かわいい、かわいい」とメロメロです。

Back to top