最近「熱中症」という言葉があちこちで目に付いたり、聞こえたりします。
毎年、この時期になると十分注意しなくてはならないことです。
特に汗をかかないフェレットにとっては、飼い主さんの温・湿度の管理が大切です。自分の体で感じるのではなく、温・湿度計でお部屋の管理をしてください。
我々人間も、あまり汗のかかない人(特にお年寄りなど)は熱中症に気をつけてください。湿度の高い日には若い人でも水分補給をお忘れなく。
動物たちだけのお留守番のときもクーラーで涼しくしてあげましょう。25度ぐらいの設定で。また湿度は50%以上に、ならないように。