ホワイトフクロモモンガベビー誕生

こんにちはスタッフの杉村です。
待ちに待ったホワイトフクロモモンガベビーが生まれました。

フクロモモンガはとっても小さく生まれて、すぐママのお腹の袋の中に入って、育ちます。
そのためいつ生まれたのか確かな日は分かりません。
このホワイトフクロモモンガにベビーが出来たことは1月の初めごろに分かっていました。
おかぁさんの袋に2つのこぶが出来ていました。双子です。
 1月21日朝、社長から「夜中、ホワイトフクロモモンガが凄く鳴いていたので確認するように」と指示されました。
今まで、ベビーの姿は袋から小さな細い尾が出ている姿しか見た事はなかったのですが、今回初めて
小さいころの全身を見ました。  
刺激しない様に一瞬で撮ったので、見にくいですが、何とか撮れました。
今、まさに袋の中に頭を入れて、もぐろうとしている姿です。毛が薄くてピンク色でした。

1月21日撮影です。

さてさて、ここから増田がバトンタッチです。
今朝、ホワイトフクロモモンガの掃除担当だったのですが、ママが小屋から出てきていたので写真撮影。
上に貼った写真から4日たっています。

分かりにくいですが、少し毛が伸びましたし、ちょっと大きくなっています。

必要最低限なお世話をして、あまり刺激しない様にしています。
なので、カメラもあまり近づけない様に・・・と思い、距離をとりながら撮っていたのですが、
カメラが気になるらしく、レンズを覗きに来たり、カメラに触ろうとしたり・・・。
あまり神経質ではない様です。
のんびりと、リラックスして子育てして貰えるのが1番なので、引き続き見守っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA